HOME 情報工学科の特色 シラバス(講義紹介) 教員スタッフ JABEE 情報工学科のご案内 学内専用 卒業生の皆さんへ 豊田工業高等専門学校 中学生の皆さんへ 企業/研究者の皆様へ

English page English

豊田高専 情報工学科のホームページへようこそ!

情報工学科棟全景

愛知県豊田市栄生町2-1  
電話: 0565-32-8811

上記の電話番号は豊田高専の代表番号です



 情報工学科の教材管理サーバ Moodle はこちらです(学内のみ)
 JABEE対応「情報科学」教育プログラムについては、こちらをご覧下さい


 インターネット初期の情報工学科ホームページ(〜2003までのサイト)

新着情報



学会発表にて優秀発表賞を受賞

2月29日に開催された「教育システム情報学会2015年度学生研究発表会」において,情報工学科5年の田中孝治くんの発表が,優秀発表賞を受賞しました。受賞演題は「デジタルペンのストロークデータを用いた講義支援システムの開発」(著者:田中孝治,稲垣 宏)です。

発表の概要: 本研究では,情報技術を使うことで,従来の板書スタイルの講義を拡張し,これまでにない新しい授業スタイルの創出を目指しています。基本アイデアを以下に示します。まず,授業を行う前に,デジタルペンを使って,板書を意識した講義ノートを作成します。デジタルペンを使うことで,講義ノート作成時のストロークデータを取得することができます。そして,講義時に,このストロークデータを基に,講義ノートの内容を動画にしてプロジェクタから黒板に投影することで自動板書を実現します。さらに,黒板の端にはいくつかの操作アイコンが投影されており,これを手で触ることで,板書速度や文字の色や大きさをリアルタイムに変えることもできます。


開発したシステムを使った模擬授業の様子


受賞時の記念写真(右:田中君,左:指導教員の稲垣教授)



更新日:2016/03/04

NEXT COMMUNICATION AWARD 2015 グランプリを受賞

情報工学科5年 慶島亜門君が,「NEXT COMMUNICATION AWARD 2015 (http://www.ncf.jp/)」 アプリ開発協賛部門において,グランプリを受賞しました.

 このコンテストは名古屋工業大学、名古屋大学、愛知県立大学、NTTドコモ東海支社が主催する「NEXT COMMUNICATION FORUM 2015」において実施されたもので,東海地域の大学生・大学院生・専門学校生・高等専門学校生等を対象としたコンテストです.

 今回は,3つの部門(アプリ開発協賛部門,アプリ開発フリー開発部門,サービスアイデア開発部門)のうち,アプリ開発協賛部門に応募しました.これは名古屋市科学館が協賛となり,「展示物やプラネタリウムをより良く楽しむためのアプリ」をテーマとして用意された部門です.全部門合わせて約2,600作品の応募があり,大学生,大学院生からの応募も数多くありました.

 慶島君が応募した作品eNAMOは,iBeaconが設置された展示物の近くに行くと自動的に詳細な解説が確認できるアプリです.この機能以外にもキーワードやフロアからの展示物の検索やお気に入りの展示物を「いいね」として記録しておき,後から確認できる機能も搭載されています.(eNAMOとは「いいね」の名古屋弁である「えーなも」の語呂合わせであり,e-NAgoyaCity Science Museum InfOの略称です)

 さらに,展示側への配慮として,展示物の解説などのデータは公式ホームページから取得するようになっており,公式ホームページを更新するだけで,このアプリにも反映されるようになっています.そのため,メンテナンスがしやすくなっているのも特徴です.

 これらの機能が評価され,グランプリに選ばれました.

 近いうちに,名古屋市科学館で正式に採用されるかもしれません.科学館に行ったときは是非使ってみてください.

NEXT COMMUNICATION AWARD のホームページ



更新日:2016/01/21

日本情報オリンピックにて成績優秀者として表彰されました!

平成26年12月13日(日)に日本情報オリンピック予選がおこなわれ、コンピュータ部の学生が参加し、2年情報工学科の伊佐地康史君、鈴木章朗君、1年建築学科の林恭平君の三名が成績優秀者 (Bランク) として表彰されました。

日本情報オリンピックのホームページ



更新日:2016/01/14

情報工学科の卒業生の進路(平成27年度)

平成27年12月時点での専攻科(情報科学専攻)2年生ならびに情報工学科5年生の進路予定は以下のとおりです。 将来のみなさんの活躍を期待しています!

(1)専攻科 情報科学専攻 2年生

【就職(6)】 トヨタコミュニケーションシステム(1名)デンソークリエイト(1名)ユニアデックス(1名)アイシン精機(1名)日本車輌製造(1名)大日本印刷(1名)

【大学院進学(1名)】 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科

(2)本科 情報工学科 5年生

【就職】(18名) トヨタコミュニケーションシステム(1名)デンソーテクノ(1名)日本特殊陶業(1名)ブラザー工業(2名)ABB(1名)アイシンコムクルーズ(1名)jig.jp(1名)トヨタテクニカルディベロップメント(1名)富士通(1名)NTTコムエンジニアリング(1名)トヨタデジタルクルーズ(1名)日立超LSIシステムズ(1名)ドコモCS東海(1名)日本たばこ産業(JT)(1名)パナソニックエコシステムズ(1名)エヌ・ティ・ティ エムイー(NTT-ME)(1名)アイヴィス(1名)

【編入学(21名)】 豊田高専専攻科(6名)京都大学 経済学部(1名)九州大学 芸術工学部(1名)九州大学 理学部(1名)名古屋工業大学 情報工学科(1名)琉球大学 工学部 情報工学科(1名)大阪大学 基礎工学部(1名)筑波大学 情報学群 情報メディア創成学類(1名)筑波大学 情報学群 知識情報・図書館学類(1名)信州大学 工学部 情報工学科(1名)豊橋技術科学大学 情報・知能工学課程(特別推薦)(1名)京都工芸繊維大学 情報工学課程(1名)静岡大学 情報学部(1名)名古屋大学 情報文化学部(1名)岐阜大学 電気電子・情報工学科(1名)電気通信大学 情報理工学部 情報・通信工学科(推薦)(1名)

(3) 大学との比較

文部科学省と厚生労働省は毎年共同で「大学等卒業予定者の就職内定状況調査」の結果を公表しています。「平成27年度大学等卒業予定者の就職内定状況調査(10月1日現在)」によると,10月の時点での就職内定率は大学が「66.5%(前年同期比1.9ポイント減)」に対して,高専が「94.3%(前年同期比0.9ポイント増)」となっており,高専の学生は不景気でも早期に希望の企業から内定を得ていることがわかります。

参考資料: 平成27年度大学等卒業予定者の就職内定状況調査(10月1日現在)(文部科学省)



更新日:2015/12/21

平成27年度「デストラーデ杯」が開催されました!

平成27年12月20日(日)9:00から、情報工学科の1年生から5年生までが野球場に集まり、毎年恒例の学年対抗ソフトボール大会をおこないました。総合1位は四年生、2位は三年生でした。天気にも恵まれ、参加者はスポーツを通して親睦を深めました。



更新日:2015/12/20

専攻科2年の木村くんが優秀発表として表彰されました

3月4日に開催された「教育システム情報学会2014年度学生研究発表会」において,専攻科 情報科学専攻2年の木村くんの発表が,優秀発表として表彰されました。受賞演題は「プロジェクションマッピングを用いた視覚教材提示システムの試作」(著者:木村哲朗,稲垣 宏)です。

発表の概要: 本研究では,プロジェクションマッピングを利用し,自然な対面授業のスタイルを変えることなく,視覚教材を効果的に提示できる講義支援システムを試作しました。そこでは,教師が手に持った白紙のフリップボードの位置と大きさを自動認識し,その上に,プロジェクションマッピングを用いて,視覚教材を投影します。本システムを利用することによって,これまで板書スタイルの授業の苦手な部分であった「視覚教材の提示」において,新たな教師支援ツールになるものと期待しています。開発したシステムを使って,白紙のボード上に視覚教材を投影している様子を以下に示します。



更新日:2015/03/09

情報工学科について

情報工学科では,ハードウェアとソフトウェアをバランス良く学習するためのカリキュラムを用意しています。


ハードウェア関連科目では,コンピュータの中の仕組み(電子回路,ディジタル回路,コンピュータ工学)を学びます。

ソフトウェア関連科目では,コンピュータにさせたい作業の内容をうまく整理する方法(ソフトウェア設計), 整理した作業内容をコンピュータの分かる言葉で伝える方法(プログラミング)を学びます。

TOP

  
Dept. of Information & Computer Engineering, Copyright 2004
Toyota National College of Technology
www-admin@tctice.toyota-ct.ac.jp